母の日

母の日(ははのひ)は、日頃の母の苦労を労り、
母への感謝を表す日です。
日本やアメリカでは5月第2日曜日に祝われていますが、
世界中で様々な日で行われています。
(スペインでは5月1日、北欧では5月の最後の日曜日)

母の日は20世紀初頭にアメリカで始められました。
1907年、ウェストバージニア州で教師をしていた
アンナ・ジャービスが、自分の教会学校の教師であった
亡き母親を覚えて、教会で記念会をもち
白いカーネーションを贈ったのが始まりといわれています。
その記念会でジャービスの母への想いに感動した人々は
母をおぼえる日の大切さを認識し、
その3回忌にあたる5月8日に、
ジャービスは友人たちに「母の日」を作って
国中で祝うことを提案しました。
翌1908年の5月10日、彼女が勤めていた学校に
470人の生徒と母親達が集まり、
最初の「母の日」を祝いました。
彼女は参加者全員に、彼女の母親が好きだった
赤いカーネーションを手渡しました。
このことから、赤いカーネーション
母の日のシンボルとなりました。
1914年に、「母の日」はアメリカの祝日になり、
5月の第2日曜日と定められました。

日本では、昭和時代に皇后(香淳皇后)の
誕生日である3月6日(地久節)に行われていましたが、
1949年ごろからアメリカの例に倣って
5月の第2日曜日に行われるようになりました。

母の日にはやはりカーネーションなどを贈るのが
一般的となっていますが、
最近ではカーネーションに限らずバラガーベラなども
好んで贈られるようになっています。

母の日の最高のプレゼントとは

母の日に何をプレゼントするべきでしょうか。

定番のカーネーションでいいのか?
それともブラウスやネックレスがいいのか?


このままでは選択肢が多すぎて、よく分かりません。



そこで、少し見方を変えてみましょう。

それは

「どんなプレゼントを贈られるとお母さんたちは喜ぶのか」

について考えることです。

もらう側のお母さんたちから
「贈ってほしいプレゼントは?」
というアンケートを実施した結果、
上位を占めたのはお花やブラウスではなく

「外食」「一日自由にしたい」「旅行、温泉」「エステ」

といった、お家の家事を休んで、
一日のんびり過ごしたいというプレゼントが上位になりました。

つまり、普段の日常雑用をしないで、
家族と一緒に温泉に行ったりして、
一日を気楽にのんびり楽しく過ごしたいということを
お母さんたちは望んでいるのです。



でも、私たちの主観で
「これがいいだろう」
「お母さんはこれが好きだからプレゼントすれば喜ぶだろう」
といった、自分本位の考えで選んでしまうと、
結局、自己満足のプレゼントを贈ることになってしまい、
本当にお母さんがほしかったプレゼントだったか
どうかは分かりません。



それを象徴するかのように、最近は物ではなく
温泉旅行や一緒に外食をするなど、

「ありがとう」の気持ちを伝えるプレゼントが
増えてきています。



お母さんたちに「ありがとう」を伝える手段は
物を買って贈るだけではありません。

お母さんたちが本当にほしいと思っているのは・・・?
お母さんたちが本当にあなたにしてほしいと
思っていることは・・・?


そう考えながら、プレゼントを選ぶと
本当に最高のプレゼントが見つかるでしょう。

メッセージについて

プレゼントを渡すとき、必ずメッセージを添えてください。



プレゼントを渡すときに、
はにかみながらでも、
恥ずかしながらでも、
冗談ぽくっても、
下を向きながらでも、
心を込めながらでもいいんで、

一言「いつも、ありがとう」と言うだけで、
お母さんは満たされた思いになります。


もし、もっと心に残るメッセージを贈ろうと考えるなら、
手紙が非常に有効です。

プレゼントと一緒に渡してあげましょう。
内容は自分と母親にしか分からない、
エピソードでいいです。
そして、自分がお母さんのことをどう思っているか、を
率直に書いてください。

難しく考える必要はありません。
その場で考えている感謝の気持ちを
そのまま書いてしまえば良いのです。


この瞬間に最高のプレゼントは
最高に心に残るプレゼントになります。

カーネーションについて

母の日の代表的な贈り物のであるカーネーションについて
学んでみましょう。



原産は南ヨーロッパおよび西アジアの地中海沿岸と
いわれています。
カーネーションという名前の由来には諸説あり、
肉(ラテン語:carn)の色の花という説や、
冠式を意味する語のコロネーション(coronation)が訛って
カーネーションとなったとの説もあります
(corona:ギリシャ語で王冠の意味)。

地中海沿岸から西アジアの原産のため古くから、
可憐な花容を愛されました。
とくにイスラム世界ではバラやチューリップと並んで、
愛好された植物です。
イスラム教では偶像崇拝が禁止されているため、
モスクなどの装飾にはアラベスクという
幾何学模様や草花の文様が使用されました。
このアラベスクの意匠にカーネーションの花は
しばしば使用されています。
なおスペイン、モナコ公国、ホンジュラスの国花であります。

カーネーションが世界的に普及したのは母の日の成立が
大きく関わっています。
「母の日」に母親に贈呈する花として
世界中で愛好されることになりました。

17世紀にはイギリスでフローリスト(園芸愛好家)達によって
栽培され、オーリキュラやチューリップ等と並び
フローリスツ・フラワーの一つとして
大きく進展しました。18世紀を通じて品種が増え、
やがて「ショウ・カーネーション」が生まれ、
これが19世紀の主流となりました。
この花の特徴は花弁の縁の鋸歯がなくなり、
花弁の配置を幾何学的な整形に近づけたもので、
現代のカーネーションとは異なっています。
この時代にはまだバラの改良もそれほど進んでおらず、
カーネーション、オーリキュラ、チューリップは
時代の先端を行く園芸植物でした。

19世紀中頃になるとフランスでの育種が進み、
1840年にダルメイスが「パーペテュアル系」を作出、
更に1857年にはやはりフランスで
「マルメゾン系」が誕生しました。
これらが現代の営利用カーネーションに繋がっています。

なお、日本には江戸時代初期以前に輸入され、
アンジャベルまたはアンジャ(蘭:anjelier、tuinanjelier)と
呼ばれました。
享保年間に出版された、『地錦抄録』(1733年)には、
徳川家光の時代正保年間にオランダから
カーネーションが伝来したと書かれています。
しかし、このときには日本に定着せず、
寛文年間に再伝来し、14種品種が紹介されました。
この時期に書かれた『花壇綱目』にも「
あんしやべる」の名で記録されています。
宝暦年間の1755年に著された『絵本野山草』には
カーネーションはナデシコなどとともに紹介されています。
この時期には数百種に上る品種が
ナデシコだけで作り出されており
その中にカーネーションも含まれていたようです。

現在、カーネーションはキク、バラと並ぶ
生産高を誇る花卉植物であり、
ハウス栽培で周年供給しています。
しかし、最も需要が伸びるのは母の日の5月前後です。
また切り花のイメージが強いですが
最近では鉢植えの品種も普及しています。

カーネーションに青い色はありませんでしたが
オーストラリアのフロリジン社が
遺伝子組換えで青いカーネーションを作出しました。
ちなみに黄色のカーネーションは
軽蔑という意味の花言葉を持つので、注意が必要です。

カーネーションの市町村別生産額日本一は、
愛知県幡豆郡一色町で、同町の町花にもなっています。

母の日に贈られる花の花言葉について

母の日に贈られる代表的なお花の花言葉です。

基本的に良い意味が多いですが、
カーネーション(黄)やチューリップ(白)のように、
良くない意味の花言葉を持つものもありますので、
注意してください。


選択としては自分の好み、お母さんの好みで結構です。
最も贈りたい花言葉を持つお花を選んで贈ると良いでしょう。


・カーネーション
(赤) 貴方の恋を信じる、熱烈な愛情
(黄) 侮蔑、さげずみ
(白) 私の愛は生きている
(桃) 熱愛する


・ばら
(赤) 熱烈な恋
(黄) 美
(白) 純潔、尊敬
(桃) 温かい心



・チューリップ
(赤) 愛の宣告、美しい瞳
(黄) 名声、愛の表示
(白) 新しい恋、失恋
(紫) 永遠の愛情



・ガーベラ
神秘

オニオングラタンスープ

<作り方>(4人分)

1.玉ねぎ2個は薄くスライスして
バター30gでノアゼット(濃いきつね色)になるまで
じっくりと炒める。

2.赤ワイン(orブランデー)50cc
(ブランデーの場合は30ccくらいでよい)を加えて
鍋底をきれいにする。
少し煮詰めてから、チキンブイヨン(500cc)を加える。

3.煮立ったらアクを取り、玉ねぎの味がなじんできたら、
塩こしょうで味をととのえる。

4.耐熱皿にスープを入れ、
フランスパンにお好みのチーズをのせ、
それぞれ上火を強くしたオーブンに入れ、
焼き色をつけて完成。

エビドリア

<材料>

A)
エビ 250g
タマネギ 100g
マッシュルーム 1缶
パルメザンチーズ・パプリカ・刻みパセリ 適量

B)ホワイトソース
バター 大3
小麦粉 大4.5
牛乳 1.5カップ
生クリーム 1/2カップ
水 1カップ
コンソメの素 小1/2
塩 小1/4
胡椒 少々


C)
タマネギ 50g
ご飯 2.5カップ
ケチャップ 大3



<作り方>

1.エビは殻をむき背ワタを取る。
Aのタマネギは小角切り、マッシュルームは薄切りにする。

2.ホワイトソースは、バターで小麦粉を炒め、
牛乳・水・塩・コンソメの素・胡椒で調味し、
生クリームを加える。


3.鍋にバターを溶かして、
タマネギ・エビ・マッシュルームを炒め、
塩小1/4・胡椒・白ワイン大2で調味し、
2のホワイトソースでさっと煮る。


4.フライパンにバターを溶かし、
タマネギ(Cをみじん切り)・ご飯を炒め、
ケチャップ・塩・胡椒で調味する(適量)。


5.グラタン皿に4をしき、
3をかけてチーズ・パプリカ・溶かしバターをふって
強火の天火で6〜8分くらい焼く。

ロールキャベツ

<材料>(7人分)

キャベツ
ひき肉(豚や鳥): 700g 
シイタケ: 2〜3枚(みじん切り)
タマネギ: 1/2個(みじん切り)
パン粉: 大さじ2杯
卵の黄身: 1個


調味料

【ロールキャベツを煮るスープ】
水: 750cc
チキン固形スープ: 3個
酒: 大さじ2杯
ローリエ: 1枚

【ソース】
醤油: 大さじ8分目
中濃ソース: 大さじ5杯
ケチャップ:大さじ2杯
日本酒: 大さじ1杯
バター: 大さじ3杯



<作り方>

1.キャベツの芯を包丁で切り抜いて、一枚一枚はがす。

2.沸騰したお湯に塩を小さじ1杯入れて、
キャベツを一枚ずつ入れていく。

3.キャベツが柔らかくなったら水につける。

4.ひき肉とみじん切りにしたシイタケ、タマネギ、
卵の黄身、パン粉、塩小さじ少々をボールに入れて
よくこねる。
このとき、空気を抜くことで具が崩れにくくなるので、
叩き落しておく。


5.キャベツの芯を切り取り、広げるた上に具を乗せる。
(キャベツの葉の先端を向こう側に、
キャベツの葉の芯がある部分を手前にして、
先端の方に具を乗せる)

6.具をキャベツで包んで、爪楊枝でしっかり留める。

7.ロールキャベツを入れるスープを用意する。
水と固形スープを入れた鍋にロールキャベツを入れて、
酒大さじ2杯、ローリエを入れる。

8.鍋に蓋をして弱火で30〜40分煮込む。

9.ここでソースつくりに入る。
ケチャップと醤油、中濃ソース、日本酒、バターを
フライパンで温める。
その時、バターを溶かして日本酒を飛ばすようにする。

10.ロールキャベツができたらお皿に盛り付けて
ソースをかけ、完成する。

アサリのパスタ

<作り方>

1.パスタをゆでる
深鍋に大量に水をわかして、塩少々を投入した後、
パスタをパラパラと広げながら入れる。

2.アサリソースを作る
アサリは砂抜きをして、軽く洗っておく。
お好みでトマトを入れる。トマトでもプチトマトでもよい。

3.ニンニクをみじん切りにする。
タカの爪も種を抜いて、みじん切りにしておく。

4.フライパンにバターもしくは
オリーブオイルを大さじ3ぐらい入れて、
先ほどみじん切りにしたニンニクを入れる。
そして弱火でニンニクがキツネ色になるまで炒める。


5.ニンニクが色づいたところで、
アサリを加えて強火で炒めた後、
日本酒を振りかける。
そしてパセリのみじん切り少々と
水を大さじ3杯程度加える。
トマトを入れる場合は、潰しながら入れる。

6.トマトを入れてすぐ、フタをして、強火で熱しながら、
鍋自体を揺さぶりつつ、煮て、中の水と油を混ぜ合わせる。

7.しばらく煮てから、フタをあけ、
アサリが口を開いているのを確認する。

8.パスタの水気をよく切り、
今度は中華鍋で若干炒める。 
中華鍋を熱した後、油を回しいれる。 
そこにパスタを加えて、菜箸で、くっつかないように、
底からおこすように炒めながら、
塩胡椒で味付けをする。

9.すかさず、ソースの中のアサリとトマトだけを取り出して、
さらに炒める。

10.プライパンに残るソースを注ぎいれて、
パスタ全体とよく混ぜ合わせて完成。
器に盛り、粉チーズや刻みノリを散らす。

チョコレートカップケーキ

<材料>(12個分)
薄力粉 180g
全粒粉 50g
ココア 20g
ベーキングパウダー 小さじ1.5
ベーキングソーダ 小さじ1
クーベルチュールチョコ(ビター) 45g
ショートニング 30g
サワークリーム 70g
グラニュー糖 150g
卵 2コ
塩 小さじ1/2
ラム酒 少々
水 180cc

【チョコレートフロスティングの材料】
クーベルチュールチョコ(ビター) 100g
無塩バター 50g
生クリーム 120cc
粉砂糖



<作り方>
1.(下準備)薄力粉・全粒粉・ココア、
ベーキングパウダー、ベーキングソーダを混ぜ、
2回ぐらいふるいにかける(A)。
オーブンは180℃に設定し、あらかじめ温めておく。
卵は室温においておく。

2.(下準備)カップケーキ型に、ペーパーカップを並べる。

3.チョコレートを小さく砕いて湯せんにかけ、
溶かしてよく混ぜ合わせる。
(面倒なときは、2分半電子レンジにかけて溶かす)

4.ショートニングとサワークリームを
泡立て器でよく混ぜたら、
グラニュー糖、塩、卵(2回に分ける)、
ラム酒を順番に加えてよく混ぜ、
溶かしておいたチョコレートも加えて混ぜる。(B)

5.(B)に(A)の粉類と水を、
粉⇒水⇒粉というように、数回に分けて
交互に入れて泡立て器で混ぜてゆく。

6.用意しておいたペーパーカップの中に、
出来上がった生地を流し入れて表面を軽くならし、
180度に温めておいたオーブンで約30分焼く。
焼きあがったらペーパーカップをはがさずに
そのまま金網に置いて完全に冷ます。

7.粉砂糖以外のフロスティング用の材料を
全て耐熱容器に入れて、2〜3分電子レンジで
加熱してチョコレートを溶かす。
よく混ぜ合わせたら、熱いうちに粉砂糖を加え、
泡立て器でよく混ぜ合わせる。
冷蔵庫に入れて30分以上冷やし、
途中フロスティングの固さを確かめながら、
何度か混ぜて練る。

8.塗りやすい固さになったフロスティングを、
完全に冷めたカップケーキの上に好きなだけ
ナイフなどで塗り込む。
お好みでスプリンクルをふりかける。
.
.
Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。